井戸八幡宮(いどはちまんぐう)

八幡神社(はちまんじんじゃ)、祭神 品陀和気命(ほんだわけのみこと)。
まちの人には井戸八幡宮と呼ばれ親しまれています。

石仏
八幡神社
 

正保(しょうほう)3年(1646)、倉賀野城、三の廓(くるわ)跡の古井戸から一夜にして水が吹き出し、八幡大神が現われたのが起源と伝えられています。

石仏
井戸八幡宮
 
碑
何やら碑がありました
 
花
井戸八幡宮に咲いていた花です。寒桜でしょうか。
 

井戸は今も残り、その上には神輿が保管されています。
8月22日には八幡神社宵祭りがおこなわれ、翌23日には山車が曳かれていました。
井戸は10年に一度開帳されます。


烏川
井戸八幡宮から見た烏川

林西寺ページトップへ倉賀野の場所

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.