倉賀野城祉(くらがのじょうし)

城址とは城の跡のことです。
鎌倉時代、武州児玉党(こだまとう)の流れをくむ一族が倉賀野氏を名のり、14世紀末にその子孫が倉賀野城を築城しました。
 
戦国期、上杉、武田、北条の勢力の狭間で、天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原攻めの際陥落しました。
現在、雁公園(かりがねこうえん)に城祉跡があります。

倉賀野城祉
 
倉賀野城祉石碑
倉賀野城祉の石碑
 
倉賀野城祉の説明
倉賀野城祉の説明
 
雁公園
倉賀野城址は雁公園の中にあります。雁公園は細長い公園です。

永泉寺と倉賀野城主ページトップへ閻魔堂と常夜灯、道しるべ

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.