倉賀野古墳群(くらがのこふんぐん)

この地域には倉賀野古墳群と言われる、大小300基以上の古墳が存在したそうです。
国指定史跡である浅間山古墳(せんげんやまこふん)は、全長約173メートルで、群馬県内第2位の大きさです。
大鶴巻古墳は全長約123メートルで、いずれも5世紀前半築造の前方後円墳です。
円筒埴輪や器財埴輪などが出土しています。

浅間山古墳東
東側から撮影した浅間山古墳 浅間山古墳西
西側から見た浅間山古墳の大きなこぶ 浅間山古墳南
古墳に入る道、南側です。看板の古さに時代を感じます。

倉賀野の歴史ページトップへ永泉寺と倉賀野城主

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.