林西寺(りんさいじ)

真言宗、本尊 阿弥陀三尊。
永正(えいしょう)13年(1516)、法印乗傳和尚(じょうでんおしょう)の開基です。
このお寺の特徴は、山門の手前右手に石仏が整然とられべられていることです。

石仏
右から、宮原十一面観音、清水観音、馬頭観音です
 

馬頭観音は万福寺(江戸初期に廃寺)にあったと伝えられています。
本堂の西側の大師堂は、東京高輪の高野山真言宗東京別院の管長部屋を移築したものです。

林西寺
林西寺
 
弘法大師
弘法大師入歴千二百年とあります
 
林西寺
 

墓地には尊海上人(そんかいしょうにん)のお墓があります。

養報寺ページトップへ井戸八幡宮

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.