太鼓橋(たいこばし)

五貫堀にかかる橋を太鼓橋といいます。
もともとは板の橋がかかっていましたが、水害などでたびたび落ちて不便だったそうです。そこで享保2年(1717)に倉賀野宿内の旅籠屋が拠出した金200両で、石の橋に架け替えたそうです。
しかし実際にはお金は宿内の旅籠屋の飯盛女(めしもりおんな)から、半ば強制的に出させられたとも言われています。
 
現在では太鼓橋は石橋からコンクリート製になっています。

太鼓橋
太鼓橋
 
五貫堀
蓋をされてしまった五貫堀

古堤・新堤と五貫堀ページトップへ倉賀野神社

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.