本陣・脇本陣

本陣(ほんじん)
室町将軍、足利義詮(あしかがよしあきら)上洛に際し旅舎を「本陣」と称したことが起源と言われております。
江戸時代には勅使・院使・宮門跡・公家・大名・旗本などの、いわゆる貴人が休息した旅舎で、「大名宿」とも言ったそうです。平屋造りが多いそうです。
 
脇本陣(わきほんじん)
本陣に次ぐ旅舎で、貴人以外に家来や一般の旅人も泊めたそうです。
そのため収入が多く本陣よりも栄えた場所もあるそうです。二階建てが多いと言います。
 
倉賀野には本陣一つ、脇本陣は二つ置かれました。

脇本陣跡
二階建ての脇本陣跡。

高札場(こうさつば)

江戸時代、往来の多い所に、法令、禁令などを掲示した場所です。
札には法度・掟・触(ふれ)・罪人の罪状などが記されたそうです。
宿場の中央・追分・橋詰(はしづめ)など、人の目につく所に置かれました。

高札場
高札場跡
 
札

閻魔堂と常夜灯、道しるべページトップへ倉賀野河岸

Copyright (C) 2007 上州高崎・倉賀野巡り. All Rights Reserved.